設備サポート室

センター長挨拶

学術研究支援総合センターは、本学の学術研究の総合的な推進支援機能の整備・充実をはかり、教育研究の進展を支援しています。 当センターは、遺伝子実験施設、機器分析施設、設備サポート室から構成され、そのなかの設備サポート室は本学の所有する共同利用機器を広く教育研究活動に有効活用していただくため、両施設と相互に連携を取りながら、主として次の活動を進めています。

  • 共同利用機器の学内外への利用促進および操作法の習得プログラム支援
  • 共同利用設備のデータベース管理と共同利用機器のリユースの支援
  • 共同利用設備の活用を通して、学生および技術サポート人材の育成とキャリアアップの支援

本サポート室の活動を通して、本学の学生・教員のみならず連合・共同大学院や共同獣医学科構成大学の学生・教員、更には、近隣大学・公的研究機関・企業等の研究者の皆さんに本学の共同利用設備を広く利活用頂き、我が国の科学技術イノベーション戦略に応える人材養成に少しでも役立つことを願っています。 コーディネートマネージャー、遺伝子実験施設スタッフおよび機器分析施設スタッフ一同皆様からのリクエストをお待ちしております。

東京農工大学 学術研究支援総合センター
同 大学院農学研究院 応用生命化学部門教授
西河 淳