学外者利用可能設備について

学外者利用可能設備一覧

設備一覧を見る

核磁気共鳴

質量分析

X線分析

電子顕微鏡

プローブ顕微鏡

光学顕微鏡

分光分析

クロマト系分析

光・レーザー

バイオ関連分析

摩耗・粉砕・乾燥・蒸着・コーティング・表面加工

動植物育成・培養・発酵

表・界面・粒子・粉体測定

計測・測定

電源・増幅

データ処理・解析&ソフトウェア

加熱・冷却・真空

自動車関連

その他

RSS

お問い合わせ窓口

お問い合わせ先

学術研究支援総合センター
設備サポート室

電話番号

042-388-7893

FAX番号

042-388-7188

受付時間

9:00~17:00(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら

トップページ > 設備の利用方法について(学外者利用可能設備)

設備の利用方法について(学外者利用可能設備)

1.予約方法について

予約は、学外者利用可能設備一覧に記載されている、設備管理者に直接メールで問い合わせください。
その際、利用料金が設定されている設備を利用希望する場合は、必ず学外者利用申請書を添付してください。
設備管理者より予約確認メールが届きましたら、その指示に従い利用してください。
尚、メールアドレスが記載されていない場合は、設備サポート室(setsubicc.tuat.ac.jp(迷惑メール防止のため「@」が画像になっております。))にメールしてください。

2.利用料金について

  • 設備を維持管理に必要な費用を基に算出しています。
  • 設備利用に関わる年間総費用を基に算出された単位(例:時間、日、回)当たりの料金です。
  • 利用料は、前納でお願いします。
  • 「利用時相談」とは、利用時に設備管理者との相談で利用料を決めます利用条件等を示しお気軽に設備管理者に相談してください。
  • 利用料を相談して決める(「利用時相談」)設備の利用については予め「受託試験等の契約」を締結していただく必要があります。入金に至るまで時間が要することをご理解ください。
  • 利用時に利用者に準備していただく備品費用は除きます。

3.トレーニング料金について

  • 対象設備の使用に習熟していただくために設備関係者から受けるトレーニング料金です。
  • 特定の機種を除き、Max1,400円/時間(学内規程)です。
  • 利用者の予備知識、設備の種類により求められる習熟度が異なります。トレーニング時間は、トレーニングを担当する設備関係者の判断により決められます。
  • トレーニング料は本学共同利用設備利用料取扱細則第2条第1項第5号に定義する「前払い基本料金」として取り扱われます。

4.学術指導

  • 設備利用により得られた結果に関する専門的なアドバイスを希望する場合は、学術指導契約の下で専門教官よりアドバイスを受けることができます。意見交換の中から共同研究にまで発展させることも可能です。
    尚、得られたアドバイスは個人的見解として扱っていただくことが大前提で、大学名、教員名を付しての公表は控えてください。
  • 学術指導料は、標準で22,660円/時間(学内規程)です。