学外者利用可能設備について

学外者利用可能設備一覧

設備一覧を見る

核磁気共鳴

質量分析

X線分析

電子顕微鏡

プローブ顕微鏡

光学顕微鏡

分光分析

クロマト系分析

光・レーザー

バイオ関連分析

摩耗・粉砕・乾燥・蒸着・コーティング・表面加工

動植物育成・培養・発酵

表・界面・粒子・粉体測定

計測・測定

電源・増幅

データ処理・解析&ソフトウェア

加熱・冷却・真空

自動車関連

その他

RSS

お問い合わせ窓口

お問い合わせ先

学術研究支援総合センター
設備サポート室

電話番号

042-388-7893

FAX番号

042-388-7188

受付時間

9:00~17:00(土・日・祝日休み)

メールでのお問い合わせはこちら

トップページ > 学外者利用可能設備一覧 > 透過型電子顕微鏡

学外者利用可能設備一覧

透過型電子顕微鏡

概要

設備名称 透過型電子顕微鏡
設置場所 農学部2号館121室 (府中キャンパス)
型式 日本電子製 JEM-1400 Plus
概要 【設備の特徴】
 透過電子顕微鏡(TEM)は試料に電子線を照射し、透過した電子波を電子レンズで拡大することにより数100倍から数十万倍以上の透過電子像や電子線回折像を得る装置である。透過像の観察による形態観察や電子線回折から結晶構造解析が可能となる。
本装置は①高画素CCDカメラをフルインテグレート、②試料メッシュ全体観察を可能とする低倍率などの特徴を有し、シンプルな操作での像観察が可能である。

【主な用途】
 得られる情報は形態的情報だけでなく、結晶学的情報さらには原子配列情報もあり、生物分野からポリマー、ナノテクノロジー材料分野で広く利用可能。

【基本仕様】
  ・電子銃:熱電子放出型電子銃
       単結晶LaB6フィラメント
  ・加速電圧:40、60、80、100、120kV
  ・分解能:粒子像 0.38nm
       格子像 0.2nm
  ・倍率 MAGモード 200~1,200,000倍
       Low-MAGモード 10~1,000倍
  ・試料移動量 X・Y ±1.0mm
            Z   ±0.5mm
  ・試料傾斜角 X  ±25°
            Y  ±9°
【注意事項】

利用・予約方法

利用・予約方法 ネットワーク予約
備考欄 *学外者の方でネットワークに登録されていない方は、直接、メールで設備管理者に問い合わせください。

*使用者登録、使用料集計などの事務仕事担当の副管理者として辻村先生と森山先生が装置の操作やトラブルへの対応などの担当の副管理者として半先生、小瀬先生がそれぞれ担当します。

料金

利用料金 10,000円/5時間 1回当りの使用時間は5時間
トレーニング料金 Max  1,400円/時間

管理者情報

管理者 船田 良
メールアドレス funadacc.tuat.ac.jp (迷惑メール防止のため「@」が画像になっております。)
URL

管理者研究紹介

研究紹介URL http://kenkyu-web.tuat.ac.jp/Profiles/1/0000023/profile.html